INGREDIENT

|ブルータンジー(ヨモギギク葉油)|

ブルータンジーはキク科の黄色い管状花で、コモンタンジーとよく似ています(コモンタンジーは毒性が強い)。精油になるとカマズレンが含まれるため、キレイなブルーになります。抗ヒスタミン、抗アレルギー作用に優れ、免疫系をサポートしてくれます。ブルータンジーはスキンケアに向く精油で、アレルギー症状を抑え、傷を緩和させ、肌の調子を整えます。火傷、痒み、皮膚炎にも有効です。

|オーキッド|

オーキッドの香りは昔から「清楚」と表現され、「上品な女性」をイメージさせる香りとして知られています。その甘い香りで緊張を解き、心を落ち着かせる作用があります。美白効果、肌の乾燥を防ぐ、肌の老廃物を排出する、肌の細胞を再生補修し、活力を与
えます。

|フレンチピンククレイ(カオリンホワイト、イライト)
|

カオリンホワイト(白)クレイの中でも一番粒子が細かい1ミクロンのなめらかでふんわりした感触の優しいクレイ。ヨーロッパでは瘢痕形成や皮膚再生のクレイとして愛用されています。

|カオリンホワイト (白)|

クレイの中でも一番粒子が細かい1ミクロンのなめらかでふんわりした感触の優しいクレイ。ヨーロッパでは瘢痕形成や皮膚再生のクレイとして愛用されています。

|ブルークレイ|

ブルークレイは、火山灰からなるクレイです。
水分の吸収率が高く、吸着力に優れているため、老廃物や汚れを取り除いてくれます。毛穴の黒ずみ、ざらつき、オイリー肌におすすめのクレイです。

|アマランサススクワランオイル(センニンゴク種子油)|

最近注目されている、雑穀カテゴリーのスーパーフードで、アマランサスはキヌアの次にブレイクすると言われている、今注目のスーパーフードです。栄養価が豊富なスーパーグレイン(驚異の穀物)とも呼ばれている擬似穀物。世界保健機構(WHO)ではアマランサスを「未来の食物」と称しており、NASAでも宇宙飛行士の食料として取り入れられたりしています。また、スクワランという成分も含まれており、代謝を活性化したり肌荒れを整えるなど天然の美肌オイルとしても注目されています。肌そのものの体力を上げ、日本では江戸時代くらいから青森県の恐山で修行する修行僧たちがアマランサスを食べながら修行していたことから「仙人穀」と呼ばれたという説もあります。

|メドウフォーム油|

白い花で牧場を埋め尽くすことから「牧場の泡」と呼ばれています。メドウフォームの種子から採取されるオイルはやや黄色の透明な色味を持っています。しっとりと保湿効果は高いのですが、使用感はなめらかでサラサラとしています。お肌に薄い皮膜を形成して水分の蒸発を防ぎ、乾燥から肌を守ってくれます。

|ホホバ種子油|

ヒトに皮脂構造に非常に似ているため、非常になじみがよく肌にうるおいを与えます。また、他のオイルが肌の奥になじむのを助ける役割もあります。毛穴をつまらせないオイルなので、オイリースキンタイプを含むすべての肌タイプの方におすすめ。

|アンズ核油|

オレイン酸やリノール酸、ビタミンA、Eが含まれています。非常に軽い感触で肌の水分量を引き上げるオイル。

|ユチャ種子油|

一般的に椿オイルとして知られており、オメガ3、オメガ6が豊富に含まれています。肌に弾力と輝きを与えます。

|ブドウ種子油|

ビタミンC、D、E、βカロテンが豊富に含まれています。肌内部の深い部分へうるおいを与えます。なめらかで引き締まった肌に。

|オリーブ果実油
|

オリーブオイルは栄養成分が豊富。
なかでも人の皮脂に最も多く含まれる成分「オレイン酸」を豊富に含んでいます。皮脂は肌を乾燥や外敵から守る強い味方。肌なじみがよく、天然のヴェールとなってお肌を守
ってくれます。またオレイン酸には、老化の原因となる活性酸素を抑える優れた抗酸化作用もあることが報告されています。そのため、お肌に使うことで肌細胞を活性化せたり、代謝を良くしてターンオーバーを整えたりする働きをするそう。

|シアバター|

シアの木の種子から採れる保湿力の高い植物性油脂です。常温では固形 のため、オイルではなくバターと呼ばれています。シアの木が生息して いる地域では、シアバターは古来より薬として利用されてきました。お 肌を守る美容クリームとしての効果はもちろん、傷や火傷の治療から日 焼け止め、かゆみ止めなど幅広く、まさしく万能の薬だと言えます。 シアバターの主成分はステアリン酸、オレイン酸で、その他にリノール 酸やパルミチン酸などの脂肪酸が含まれています。これらの脂肪酸は、 人の皮脂と似た成分ですので、肌にとても馴染みやすく長時間、保湿が 持続します。「ステアリン酸」は、非常に酸化しにくく、抗酸化作用が あります。また、乾燥からしっかりと肌を守ってくれます。もう 1 つの 主成分である「オレイン酸」も肌にとても馴染みやすく長時間、保湿が 持続します。

|イランイラン花油|

肌の水分・油分のバランスを整える働き。うるおってなめらかで若々しい肌に。熱帯樹らしくエキゾチックで濃厚で甘くセクシーがある一方で、官能的な気分を高める効果も。お肌に潤いを与えてくれるため特に敏感肌や乾燥肌によい。緊張をほぐしてリラックス効果も。

|ユーカリ葉油|

ユーカリにはとてもたくさんの作用がありますが、メインは呼吸器系に働きかけることです。肺の痰を除去したり、気管支炎にもいいです。呼吸の強壮作用もあります。抗ウイルス作用が加わり、風邪や咽頭炎、副鼻腔炎などにも効きます。殺菌力もあり、特に泌尿器や生殖器系の殺菌に優れます。筋肉痛や神経痛にも効果的です。花粉症の季節には、症状を抑えてくれます。

|オーガニックブラウンシュガー(スクロース)|

シュガースクラブの原料のお砂糖の主成分はスクロース。スクロースには保湿効果があると言われています。ソルトスクラブ(塩)よりも粒子が細かく溶けやすいので肌への負担が少なく、傷口に塗ってしまってもしみることがありません。ミネラルたっぷりのスクラブは、肌のごわつきをやさしく落としながらうるおいや栄養まで与えてくれるので、スクラブケアの初心者や、敏感肌の人でもご使用いただけます。

|オーガニックココヤシ乳末|

肌をやわらかくする効果と保湿効果にすぐれている。炎症を抑え、なめらかな肌に。赤ちゃんのおむつかぶれや、肌あれにも。

|オーガニックバージンココナッツオイル (ヤシ油)|

新陳代謝を活発にするマグネシウムやビタミン類が多く含まれているの で、 ゆるやかな角質除去と深いうるおいを与えます。また、抗酸化力が 非常に強く、アンチエイジング効果も期待できます。 ココナッツは南国の強い日差しを受けながら育つため植物自身が紫外線 から身を守る、天然のサンプロテクト効果 (SPF4 程度といわれています ) があります。抗菌作用があり、アクネ菌や皮膚の黄色ブドウ球菌に対す る抗菌性が認められており、アトピー性皮膚炎やニキビや肌荒れなどの トラブルの回復を助けます。

|バニラ花エキス|

不安や怒り、落ち着きのなさから解放する、脳をリラックスさせる香り。バニラの花の寿命は短く、普通は1日しか開花していないため大変貴重。

|死海の塩|

海抜ゼロメートルより低いところにある死海の塩は、一般の海水から採れる天然塩と比べ、肌を刺激する塩化ナトリウムの含有量が非常に少ない上、肌を引き締めるマグネシウムやお湯を柔らかくして温熱作用を高めてくれる塩化カリウムなど、天然ミネラルを多量に含んでいます。一般の海水の約30倍もの天然ミネラルを含んでいます。

|アロエベラ液汁|

天然の抗菌作用にすぐれており、頭皮のかゆみや乾燥を防ぎます。髪をふんわりハリ・コシのある強い髪を育てる効果もありヘアケアのベースとして非常にすぐれています。
また、表皮のターンオーバー促進作用や、皮膚の細胞同士のつながりを強くし、肌荒れや肌トラブルが起きにくい強い肌をつくることから、スキンケアやボディケアにもおすすめです。

|竹炭|

高い吸着力を持つ竹炭。洗顔料に用いると、細かな粒子が肌や毛穴の汚れを落とすだけでなく、余分な皮脂も吸着。ミネラル成分が肌の潤いを守ってくれるので、洗い上がりはさっぱりしているのに、しっとりと内側から満たされた肌に。

|アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)|

砂漠のあるモロッコの南西部に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取されるオイルです。約30キロの果肉から1リットルしか採取されない大変貴重なオイルです。現地先住民のベルベル族が「生命の実」として、美容剤や関節のマッサージなどにも利用してきた万能オイルとしても知られており、その有用性が注目されています。抗酸化作用が強く、アンチエイジングケアにおすすめ
です。

*植物の一般的な特性を紹介しており、商品の効果効能ではございません